住まいのネットワーク 住まいのネットワーク 埼玉県在住の市民のみなさんと埼玉県にある工務店のみなさんを繋ぐネットワークです。  
トップページへ サイトマップ お問い合わせ リンク
セミナーのお知らせ ホームドクターなび 耐震対策情報なび 住まいの知恵袋 求人情報 埼玉土建
情報誌「住まいのネットワーク」
コンテンツ
仲間のHP紹介
求人・求職
関連リンク
埼玉土建一般労働組合
埼玉土建技術研修センター
埼玉土建国保
 
TOP > 情報誌「住まいのネットワーク」【TOPICS】 >
情報誌「住まいのネットワーク」
民泊ビジネス ルールづくりへ
政府の規制改革会議は今年度に入り、民泊を活用する方向で議論を進めている。民泊は、自宅などの空き家を使い、外国人旅行客らの手軽な宿として広がっているが、今のところ旅館業法で原則認められていない。推進へ向かう背景には、深刻化する都市部での宿泊施設不足があげられている。みずほ総研の試算では、2020年には、東京五輪に向けて建設が進む施設を見込んでも約1万室の不足が予測されている。海外の仲介ビジネス業者によると、すでに日本でも1年で52.5万人程度の訪日客が滞在していたと報告しており、解禁されればその数は跳ね上がるだろう。会議では、民泊拡大によるトラブルの増加などを懸念し、民泊を行う「届け出制」や仲介業者に対する「許可制」などが議論された。IT業界を中心とする新経済連盟の試算では、宿泊設備の関連投資で約1兆円とされている。管理代行など様々な事業も考えられることから、注視していく必要があるだろう。


このページのTOPにもどる
埼玉土建一般労働組合
〒336-8512  さいたま市南区鹿手袋6-18-12 TEL 048-863-6211 FAX 048-837-1989
Copyright (c) 2009 埼玉土建一般労働組合 All Right Reserved.